<![CDATA[久保田直己 不撤不散 - Blog]]>Thu, 29 Jul 2021 00:30:10 +0900Weebly<![CDATA[1975年 復活したレッド・ツェッペリンのブート音源]]>Fri, 23 Jul 2021 12:26:48 GMThttp://naomikubota.tokyo/blog/led_zeppelin_1975
画像
Photo by Michael Kucharski on Unsplash
1973年7月29日にニューヨークのマディソン・スクェア・ガーデンで全米ツアーを終了したレッド・ツェッペリンは、映画「永遠の詩」の作業の後、"Physical Graffiti" のレコーディングを開始した。
一時、ジョン・ポール・ジョーンズが脱退をほのめかすなどの揉め事があったものの、レコーディングは翌年1974年まで続き、また1974年はツアーのない初めての年となった。
1974年にはアトランティック・レーベルとの契約が切れたため、独自の「スワン・ソング」レーベルを立ち上げるなど、ツアーに出ないものの、充実した音楽活動が行われていた。

1975年に入ると、オランダとベルギーでの2回のライブの後、大規模な全米ツアーを開始した。
5月にロンドンへ戻ったレッド・ツェッペリンは、アールズ・コートで5日に渡るライブを繰り広げ、その音源は2009年に正式なDVDでリリースされている。
しかし、秋、ギリシャのロードス島でロバートが交通事故を起こして両脚を折る事態となり、この年後半のワールド・ツアーは中止を余儀なくされた。

1975年のブート音源の特徴は、いわゆる「サウンドボード」ものが多いところにあり、その結果、非常に高品質な音を聞くことができる。
また When the Levee Breaks が時たま演奏されたり、"Physical Graffiti" から選曲されているのも興味深い。

なお、以下のライブ会場やセットリストなどの情報は、引き続き ledzeppelin.com を参照させていただいている。
併せて1969年から1972年まで、および1979年の音源は、下記を参照いただきたい。


1975年1月11日、レッド・ツェッペリンは1年半ぶりのツアーをオランダ、ロッテルダムから開始した。
残念ながらこの日の音源は見当たらないが、翌12日のブリュッセルでのライブが記録されている。
この日のセットリストは、Rock and Roll、Sick Again、 Over the Hills and Far Awayで始まっており、この構成は1975年のツアーで殆ど変わっていない。
1月18日、ミネソタ州ブルーミントンから全米ツアーが開始される。
1月20日から22日まで、3夜連続のシカゴでのライブ。
​​Kashmir, The Wanton Song, In My Time of Dying が登場。
24日にも In My Time of Dying が披露されている。
1月25日、インディアナポリス。
1月29日、ノース・カロライナ。
1月31日、デトロイト。
2月3日、一年半ぶりのマディソン・スクエア・ガーデン。
演奏の一部が8mmで動画として記録されている。
2月6日はカナダのモントリオール。
ここでの締めは、 Black Dog と Heartbreaker。
2月7日は再びマディソン・スクエア・ガーデン。
2月8日のフィラデルフィアも、8mmで記録されていた。
2月10日、ランドオーバーのキャピタル・センター。
2月12日、三回目のマディソン・スクエア・ガーデン。
2月13日と14日は、連夜でニューヨーク州のユニオンデール。
13日は、アンコールでロン・ウッドが登場する。
2月16日、セント・ルイス。
2月26日、再びカナダのモントリオール。
この直前の2月24日に "Physical Graffiti" がリリースされた。
2月28日からはアメリカの南部から西部となる。
ルイジアナ州のバトン・ルージュ。
3月3日、テキサス州のフォトワース。
3月4日と5日は、隣のダラス。
3月10日からアメリカとカナダの西海岸でのツアーが始まる。
3月11日、カリフォルニア州ロング・ビーチ。
3月14日、カリフォルニア州サンディエゴ。
3月17日、ワシントン州シアトル。
Whole Lotta Love のメドレーの中で The Crunge が演奏されている。
3月19日と20日は、カナダのヴァンクーヴァー。
3月21日、再びシアトル。
こちらも8mmの記録が残っている。
3月24、25、27日はロサンゼルスのフォーラムで全米ツアーの締めとなる。
全米ツアーを終えたレッド・ツェッペリンは5月17日から25日まで、ロンドンのアールズ・コートで連夜のライブを繰り広げた。
この後、ツアーは1977年4月まで、およそ二年にわたって中断することになる。
]]>
<![CDATA[ロジャー・ウォータース ザッカバーグを全力で罵倒]]>Tue, 15 Jun 2021 14:13:50 GMThttp://naomikubota.tokyo/blog/rogerwaters
画像
Photo by Annie Spratt on Unsplash
ウィキリークス創設者のジュリアン・アサンジ氏の解放を求めるイベントにスピーカーとして出席したロジャー・ウォータースが、Facebookのマーク・ザッカバーグから巨額のオファーを受けていたことを暴露し、全力で罵倒し倒した。
発言のもようは、以下のツイートやYouTubeの動画で確認できる。
ロジャーの発言の翻訳と、その原文の英文書き起こしは次の通り。
手短に言いたいことがある。
この写真に写ってるものだ。
ちょうど今日持ってきたんだが、何だか分からないだろ。
誰もわかるわけない。
今朝、俺のところにネットで届いたばっかりだからな。
インスタグラムのプロモ動画を作るために、俺の曲 "Another Brick in the Wall II" の権利をくれっていう依頼だ。
それで、これは信書なんだ。
マーク・ザッカバーグから俺のところに今朝届いた信書で、巨額の、本当に巨額のオファーといっしょだった。
俺の答えは「ファック・ユー!あり得ねえよ、クソ野郎!」だ。

I just like to say some in very brief.
This is something that I actually put in my photo. 
And I came out with today. you have no idea what it is.
Nobody does.
Because it arrived on the Internet to me this morning.
It's a request for the rights to use my song "Another Brick in the Wall II" in the making of the film to promote Instagram.
So it's a missive.
It's a missive from Mark Zuckerberg to me arrived this morning with an offer of a huge huge amount of money.
And the answer is "Fuck you! No fucking way!"
俺が言いたいのは、これが狡猾だからだ。
何もかも奪いつくすための狡猾な動きだ、あらゆる力でな。
俺も出版に関しては多少なりとも力がないわけではない。
だから俺はクソ野郎の仲間になんかならねえんだよ、ザッカバーグ!

And I only mention that because this is an insidious.
It's the insidious movement to take over absolutely everything, you know, that was supposed to have any power.
And I do have a little bit in terms of the control of the publishing point some sort of anyway. 
So I will not be a party of this bullshit, Zuckerburg.
このプロジェクトを考えてくれる皆さんには感謝したい。
この曲のコアな考え方はまだ優勢だし、今も必要だと感じているし、皆さんの活動がどれほど色あせないものか語っている。
それをあいつらはFacebookやインスタグラムを今以上に大きくて強力なものにするために利用したがってんだ。
この部屋にいる俺たち全員を検閲して、ジュリアン・アサンジの話が一般社会に出るのを禁止できる。
一般社会はこうなるだろう、「何?何だって?いや、いやもういい!」ってな。
ミサじゃないんだ。
ところがザッカバーグは俺の最新のロック・ショーで説教をするつもりだ。
そこへ行って、座って、まあ俺はやるべきではない。
でもあいつはやる。

We want to thank you for considering this project. 
We feel that the core sentiment of this song is still so prevalent and necessary today, which speaks to how timeless your work is, truly.
And yet they want to use it to make Facebook and Instagram even bigger and more powerful than it already is.
So it can continue to censor all of us in this room and prevent this story about Julian Assange getting out to the general public. 
So the general public could go, "What? What? No! No more!"
Not a Mass.
Zuckerberg preaches in my new rock’n roll show.
Go and sit and now I shouldn’t tell you.
But he does.
ここから、Facebookが元々はスタンフォードの学生たちによる、女子学生の「品評会」のために開発されたという歴史を持ち出して、さらに罵倒が続く。
この間抜け野郎がこう言って始めたんだ、「彼女はかわいいから4点」「このコはブスだから1点」みたいなやつだ。
どうやって何でもかんでも手に入れたんだ?
それで世界一の力を持った大バカ者の一人ってことだ。

How did this little prick, who started off by saying, "She is pretty, we'll give her a four out of five." "She's ugly, we'll give her a one."
How the fuck did he get any power in anything? 
And yet here he is, one of the most powerful idiots in the world.

書き起こしや翻訳のミスのご指摘がある際には、コメント欄にいただけると、たいへんに有難いです。
]]>
<![CDATA[東京五輪は台風の季節でもある]]>Sat, 12 Jun 2021 10:34:49 GMThttp://naomikubota.tokyo/blog/typhoon
Photo by Neenu Vimalkumar on Unsplash
COVID-19の蔓延が一向に収まる気配を見せず、東京五輪の開催が危ぶまれている。
そもそもCOVID-19以前から散々指摘されていた東京の真夏の酷暑や、トライアスロン会場として予定されているお台場地域の水質の問題は、何も解決されていない。
さらにリスク管理の観点から考えておかなければならない重大な要素がもう一つある。
東京は、毎年夏に必ず台風に襲われるということだ。

気象庁は、関東甲信越地方に接近した台風の数を、年次ごとに記録して公開している
ここでは、台風の中心が茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都(島しょ部を除く)、神奈川県、山梨県、長野県のいずれかの気象官署等から300km以内に入った場合を「関東甲信地方(伊豆諸島および小笠原諸島を除く)に接近した台風」としている。
この中から、過去20年(2001年~2020年)の7月、8月、9月のデータを拾ってみた。
なお、東京でのオリンピックは7月23日から8月8日まで、パラリンピックは8月24日から9月5日までの期間に予定されている。
一目瞭然であるが、過去20年間で7~9月の間に、台風に襲われなかった年はひとつもない。
さらに続けて、関東地方に甚大な被害を及ぼした台風に関する、気象庁や内閣府の記録を見てみたい。

  • 2001年9月8日~9月12日 台風第15号  ​引用元:気象庁
死者・行方不明者8名、負傷者51名
住家全半壊・一部損壊300棟
床上浸水183棟、床下浸水1,202棟など

11日09時半ころ神奈川県鎌倉市付近に上陸した。
台風は次第に弱まりながら、東京都から茨城県北部を経て海上に進み、12日15時に千島列島付近で温帯低気圧に変わった。
この台風により、東海から関東地方の山沿いで大雨となった。
期間降水量は奥日光(栃木県日光市)で895mmとなったのをはじめ、山沿いでは600~800mmとなったところがあった。
​平野部でも静岡市で320mmとなったほか、東京都千代田区でも160mmを観測するなど、200mm前後の大雨となったところがあった。

  • 2002年7月8日~7月12日 台風第6号  ​引用元:気象庁
死者6名、行方不明者1名、負傷者39名
住家全壊27棟、半壊55棟、一部損壊415棟
床上浸水2,453棟、床下浸水8,400棟など

11日00時過ぎ千葉県館山市付近に上陸し、鹿島灘から三陸沖を北北東に進み、11日21時頃北海道釧路市付近に再上陸した。
その後オホーツク海に進み12日00時に温帯低気圧に変わった。
この間、梅雨前線が本州上に停滞し活発化したため、中部地方から東北地方にかけて大雨となった。
9日から10日にかけて岐阜県では1時間90mm以上の激しい雨が降り、期間降水量は樽見(岐阜県根尾村)で510mmを観測したほか、関東地方の山沿いでも400mmを超えたところがあった。
また静岡市で318.5mmとなるなど、東海、関東、東北地方の平野部でも期間降水量が200mmを超える大雨となったところがあった。
​また、八丈島(東京都八丈町)で最大風速27.3m/sなど、伊豆諸島、関東沿岸などで20m/sを超える暴風を観測した。

  • 2005年8月24日~8月26日 台風第11号  ​引用元:気象庁
負傷者10名
住家半壊4棟、一部損壊148棟
床上浸水69棟、床下浸水259棟など

強い勢力で26日2時過ぎに三浦半島を通過、4時半頃、千葉市付近に上陸した。
台風はその後進路を東寄りに変えつつ鹿島灘から本州東海上へ進み、28日00時に温帯低気圧に変わった。
この台風が硫黄島南西海上を北上中の24日、宮崎県では対流雲が東海上から次々に流入し、青島(宮崎県宮崎市)で1時間降水量が72mmなど、非常に激しい雨が降った。
台風が関東地方に接近・上陸した25日から26日にかけて伊豆諸島、関東地方、静岡県、山梨県、宮城県などで大雨になった。
特に25日には関東地方南部や静岡県、伊豆諸島で日降水量が200mmを超え、箱根(神奈川県足柄下郡箱根町)では528mmを観測した。
伊豆諸島ではさらに暴風となり、同日大島(東京都大島町)で最大瞬間風速57.0m/sを観測した。
この台風により関東地方、伊豆諸島、静岡県、山梨県、宮城県で住家損壊、同浸水、停電、断水等の被害が発生した。

  • 2007年9月5日~9月9日 台風第9号  ​引用元:気象庁
死者1名、行方不明者2名、負傷者90名
住家全壊11棟、半壊60棟、一部損壊830棟
床上浸水411棟、床下浸水1,309棟など


7日00時前に強い勢力で静岡県伊豆半島南部に上陸すると、徐々に勢力を弱めながら関東地方から東北地方を縦断し、8日01時前に北海道函館市付近に、03時半頃に北海道胆振支庁西部に再上陸した。
台風は同日09時に石狩湾付近の海上で温帯低気圧に変わった。
この台風により、関東甲信地方から北海道にかけての各地と東海地方、北陸地方の一部で大雨となった。
降り始めからの総雨量は、関東甲信地方と東海地方の一部で600mmを超え、東京都、埼玉県、群馬県では9月の月間平均雨量の2倍を超える記録的な大雨となった。
24時間雨量は7日に静岡県伊豆市湯ヶ島で627mmとなるなど、東海地方の一部と関東甲信地方の各地で観測史上最大となった。
また、東海地方から北海道の各地で暴風となり、台風の通過した小笠原諸島や伊豆諸島から北海道の太平洋では波の高さが6mを超える大しけとなった。
この台風により、関東甲信地方で死者1名、行方不明者2名となり、大雨となった各地で住家損壊、土砂災害、浸水害等が発生した。
​また、農業・林業・水産業被害や鉄道の運休、航空機・フェリーの欠航等による交通障害の発生もあった。

  • 2019年9月7日~9月9日 台風第15号  ​引用元:内閣府
死者1名、負傷者150名
住家全壊219棟、半壊2,126棟、一部損壊39,828棟
床上浸水86棟、床下浸水111棟など

7日から8日にかけて小笠原近海から伊豆諸島付近を北上し、9日3時前に三浦半島付近を通過して東京湾を進み、5時前に強い勢力で千葉市付近に上陸した。
その後、9日朝には茨城県沖に抜け、日本の東海上を北東に進んだ。
台風の接近・通過に伴い、伊豆諸島や関東地方南部を中心に猛烈な風、猛烈な雨となった。
特に、千葉市で最大風速 35.9 メートル、最大瞬間風速 57.5 メートルを観測するなど、多くの地点で観測史上1位の最大風速や最大瞬間風速を観測する記録的な暴風となった。 
停電による最大供給支障戸数、約 934,900戸。
​千葉県の71の病院において停電が発生。

ほんの2年前に関東を襲った第15号規模の台風が、今年は襲来しないという保証はどこにもない。
さらに五輪期間中に大災害が発生した場合のプランが、国民として共有された記憶もない。
もし万が一の事態が生じても、この無能な政権では何もなす術がないであろう。
]]>
<![CDATA[4人のティーンによる反差別パンク]]>Sat, 22 May 2021 03:55:36 GMThttp://naomikubota.tokyo/blog/lindalindas
画像
Photo by Jason Leung on Unsplash
4人のティーンの女性バンド The Linda Lindas によるロサンゼルス公共図書館でのミニ・ライブの動画が、投稿からわずか1日で200万回以上も再生されて、話題を集めている。
曲のタイトルは「人種差別・性差別野郎 (Racist, Sexist Boy)」というもの。
歌詞も、
お前ら人種差別・性差別野郎が娯楽で破壊したものを、私たちが立て直してやる
​You have racist, sexist joys/We rebuild what you destroy
お前らは聞きたくないものから目をそらす
You turn away from what you don’t wanna hear
のように、反人種差別、反性差別に満ちた内容になっている。
彼女たちのFacebookページによると、このライブはアジア・太平洋系米国人の文化遺産継承月間である5月に合わせて、全米人文科学基金の協力のもと、アジア・太平洋アメリカ図書館連合会が共催した。

The Linda Lindas は、アジア系とヒスパニック系のベラ、エロイーズ、ルシア、ミラの4人の少女たちで構成されている。
このうちアジア系メンバーの父はマーティン・ウォンで、アジア系アメリカ人向けのカルチャー雑誌 "Giant Robot" の創設者として知られている。
またヒスパニック系メンバーの父のカルロス・デ・ラ・ガルザは、パラモアやベスト・コースト、バッド・レリジョンなどのエンジニア、プロデューサーである。
折しもトランプが扇動したアジア系市民に対するヘイト・クライムが全米に広がる中、差別主義者に投げつける歌詞 "Poser! Blockhead! Riffraff! Jerk face!" は時勢を得たものとなった。

図書館でのライブの全編は、バンドのFacebookページで視聴が可能。
またNetflixによるプロモも公開されている。
]]>
<![CDATA[五輪・トライアスロン会場の水質は改善したのか]]>Mon, 03 May 2021 11:48:34 GMThttp://naomikubota.tokyo/blog/odaiba_2021
Photo by Damir Spanic on Unsplash
2020年の夏に開催される予定だった東京オリンピック・パラリンピックは、COVID-19の蔓延で丸一年延期になった。
しかし開催まで2か月となった2021年5月上旬の時点でも、ウイルスの感染は収まる気配がまったく見られない。

そもそも疫病による延期以前の問題として、東京の真夏の酷暑や、トライアスロンの会場として予定されていたお台場地区の劣悪な水質の件などはどうなったのか?
当ブログでは2018年7月に水質の問題を指摘しておいたが、COVID-19の話題に隠れたせいか、このところ新しい情報を耳にすることがなくなってしまった。
そこでお台場地区の水質を定期的に測定している港区の情報を確認してみることにした。

港区では、お台場海浜公園の水際の三か所で、定期的に水質を調査している。
  • 地点A:お台場学園前水際
  • 地点B:都営台場一丁目アパート1号棟前水際
  • 地点C:区立台場保育園前水際
以下、簡略名として地点A、地点B、地点Cとする。

3年前にブログを書いた直後に発表された、2018年5月15日午前および午後の調査結果では、糞便性大腸菌群数が次のように報告されている。
なお単位は、個/100mLである。
<午前>
地点A:19,000
地点B:16,000
地点C:12,000

<午後>
地点A:5,200
地点B:3,700
地点C:2,700
水浴場水質判定基準の糞便性大腸菌群数は「1,000個/100mL以下」とされている。
この時点では、海水浴場としてはまったく適していなかったことが分かる。

その一年後の2019年6月3日は、いずれの地点においても糞便性大腸菌群数は2~13の範囲に収まっていた。
しかし雨天だった7月9日には、370~520と跳ね上がっている。
この現象も以前のブログで指摘していたことだが、雨が降ると東京中で下水処理場の処理能力を超えた下水、すなわち糞尿が河川に垂れ流しになり、東京湾に流れ込むのである。

そして本来、東京オリンピック・パラリンピックの半年前のはずだった2020年2月19日午前、糞便性大腸菌群数は再び上昇している。
<午前>
地点A:420
地点B:250
地点C:380

<午後>
地点A:64
地点B:65
地点C:50
この調査の3日前の2月16日、東京は雨天であった。
17日と18日は晴天である。
16日の降雨の影響によって、19日に糞便性大腸菌群数が増加したのだとすれば、その間の17日と18日の状況はどうだったのだろうか。
19日も午前から午後にかけて急速に減少していることを考慮すれば、17日や18日の糞便性大腸菌群数は非常に大きな値だったことは容易に想像がつく。

東京オリンピックが開催されている最中であったはずの2020年7月30日、日本テレビの水中撮影班がお台場海域に潜水し、その様子をレポートしている。
この記事によると「前を泳いでいる人がやっと見えるくらいの透明度」だったそうだ。
こんな場所で、生身の人間を泳がせて良い筈がない。
COVID-19対策どころか、従前から指摘されていた問題すら全く解決されていないのが、この東京オリンピック・パラリンピックの実情である。
]]>
<![CDATA[「ジョンの魂」50周年記念盤 開封の儀]]>Thu, 29 Apr 2021 10:49:48 GMThttp://naomikubota.tokyo/blog/plastic_ono_band_50
画像
Photo by Nick Fewings on Unsplash
「ジョンの魂」50周年を記念した記念ボックス・セットが4月23日にリリースされた。
久しぶりの大型商品なので、4月29日の祝日まで待ってから開封の儀を執り行うことにした。

ずっしりと重量級の全景。
画像
ボックス裏面。
音源はBlu-Ray 2枚とCD 6枚から構成されている。
Blu-Ray 1枚目にはCD 1、2、3と6の一部を拡張した内容から構成され、さらに5.1サラウンドになっている。
またBlu-Ray 2枚目はアウトテイクやジャム音源などだが、CDに収録されているものの2倍くらいの量がある。
CDが単純にBlu-Rayに置き換えられているわけではないので、要注意。
画像
付録の "WAR IS OVER!" の特大ポスター。
画像
絵葉書も2点付いている。
画像
130ページを超える圧巻のブックレット。
画像
なお、ボックス・セットの内容紹介の動画や、新しいミックスの音源がいくつか公開されているので、購入の参考にしていただければと思う。
]]>
<![CDATA[ジョージ・フロイト氏殺害犯の有罪評決に対するロッカーたちの反応]]>Sat, 24 Apr 2021 03:35:47 GMThttp://naomikubota.tokyo/blog/derekchauvin
画像
Photo by munshots on Unsplash
米ミネソタ州で2020年5月、46歳のアフリカ系アメリカ人男性ジョージ・フロイド氏の首に9分29秒にわたってひざまずき、「息ができない」との悲鳴を無視して殺害した元警察官のデレク・ショーヴィンに対して、有罪の評決が下った。
CNNによると、デレク・ショーヴィンは第2級殺人、第3級殺人、第3級過失致死の3つの罪状で訴追されていたが、陪審はすべてを有罪と判断した。
これらの禁錮刑を合算すると、最大で75年となる。
この評決を受けて、人種の属性やジャンルを超えて、幅広いロッカーたちが歓迎の意を表している。

アフリカ系米市民として被差別当事者でもあるラッパーたちは、ストレートに感情を爆発させた。
LL・クール・Jの "Hell year" は「やった、ざまあ」といったところか。
ギタリストとしてはジャンルもタイプもまったく異なるヴァーノン・リードに対して、スティーヴ・ルカサーが同意のリプライを返している。
またレニー・クラヴィッツの「歴史はどちら側にあるのか」というツイートに、セバスチャン・バックがリツイートで自分の見解を加えている。
ジェーンズ・アディクションのペリー・ファレルは「あなたは天国から微笑んでいるでしょう」とツイートした。
レイジ・アゲインスト・ザ・マシンは当然ながら有罪を歓迎。
アダム・ランバートもその気持ちを一連のタグの列挙で表した。
メタル系でも、クイーンズライクのトッド・ラ・トゥーレや、テスタメントのアレックス・スコルニックが歓迎を示す画像を投下している。
特にアレックスは、昨年からのBlack Lives Matterのデモの写真を数多くツイートした。

今回の件に限らず、ロッカーたちが率先して政治的なメッセージを出すことは、米社会では当たり前となっている。
翻って、日本はなんと幼稚な国であろうか。
]]>
<![CDATA[Google COVID-19感染予測の検証]]>Sat, 10 Apr 2021 09:46:34 GMThttp://naomikubota.tokyo/blog/google-covid-19
Photo by Kelly Sikkema on Unsplash
GoogleがCOVID-19の感染者数や死亡者数について都道府県別に予測値を公開しており、ダッシュボードの形式で見ることができるほか、CSVファイルでのダウンロードも可能になっている。
これらの予測値は、実績値を踏まえて定期的に更新されているが、残念ながら予実対比を行っているものは見当たらなかった。
そこで、予実の記録を残してみることにした。
とりわけ爆発的な感染が懸念される東京都と大阪府の感染者数にフォーカスする。

参考:COVID-19感染予測(日本版)

2021年5月1日18:00

4月27日のGoogleの予測値更新分を追加した。
東京は4月6日に計算された予測値のほぼ半分ほどの実績値だが、4月13日以降のモデルでは、ほぼ予測値と実績値が一致している。
5月1日は1,050人に達してしまい、1月23日(1079人)以来の1,000人を超える土曜日となった。
大阪は、4月6日の予測値が大きすぎたが、4月13日と20日の予測値は小さすぎたという結果が見えた。
いずれにせよ東京を超える日が続いており、5月1日の1,262人は過去最多である。
大阪では救急搬送が不可能となっているとの報道が流れている。
いよいよ医療崩壊が始まった。

2021年4月23日19:00

4月20日、Googleの予測値が更新された。
東京は4月6日に計算された予測値と比べると実績値が若干小さく見えるが、減少する気配は見られない。
4月13日以降のモデルでは、予測値と実績値が不気味なほど付合している。
大阪に関しては、4月6日の予測値が大きすぎ、逆に4月13日の予測値は小さすぎた。
4月20日の予測値は、実績値と大きな乖離はないものの、東京と同様に減少する傾向は見られず、今後は実績値が予測値を超えて推移すると思われる。
25日から各地に3度目の緊急事態宣言が敷かれるが、安心できる余地はまったくない。

2021年4月17日18:00

4月13日、Googleが予測値を更新した。
一週前のものと比べると、東京の場合はほとんど変わっていないが、大阪については4月14日をピークにして収束へ向かう形に大きく変わっている。
しかし残念ながら大阪の現実は、収束どころか連日1,000人を超える感染者数が報告される事態になっており、4月16日には遂に過去最多の1,208人になってしまった。
恐らく次週には予測値が再度上昇する方向へ変更されるであろう。
東京もゴールデン・ウィークへ向けてさらに拡大していくと思われる。
この状況下で、五輪まで三か月となった。

2021年4月10日17:00

4月6日に再計算された予測値が公開された。
これらに東京都と大阪府から発表された4月8日~10日分の実績値を対比させてみたのが以下のグラフである。
東京都の場合、すでに実績値が予測値を超えている。
大阪府は予測値より実績値が低い状況ではあるが拮抗しており、今後の感染者数の増加が心配される。
]]>
<![CDATA[COVID-19によるミュージシャン達の健康被害(続編)]]>Sun, 21 Mar 2021 08:14:31 GMThttp://naomikubota.tokyo/blog/musician_and_covid-19_2
画像
Photo by Kayla Speid on Unsplash
2020年4月に「COVID-19によるミュージシャン達の健康被害」と題して、ウイルスに直撃されたミュージシャン達を取り上げてみた。
それからおよそ一年が経過し、ワクチンが開発されるなど改善の兆しは見えてきたものの、ウイルスの蔓延が収まる見通しは残念ながら立っていない。
こうした中で、さらに多くのミュージシャン達に被害が広がっているため、その実態を改めて振り返ってみたい。
また毎度の繰り返しであるが、私自身は医学的知識を持ち合わせていないことを予めお断りしておく。

2020年4月19日 サム・スミス全快

Apple Musicのインタビューで、サム・スミスが感染していたことを語っている。
3週間の自主隔離後、容態は安定しているとのこと。

2020年10月6日 トレイ・ソングス陽性

R&Bシンガーのトレイ・ソングスは、幼い息子がいるため定期的に検査を受けていたところ、感染が発覚した。
インスタグラムの動画の中で「手を洗え、トランプの真似をするな」と話している。
トレイ・ソングはCOVOD-19で祖父を亡くしたことも明かしている。
画像

2020年11月12日 バーナード・サマー陽性

ニュー・オーダーのバーナード・サマーが The Current誌のインタビューで、感染から回復中であることを明かした。
発病中は4日間の高熱が続き、ひどい二日酔いのような倦怠感に襲われたと話している。
インタビューの時点でも、嗅覚が完全に失われたままであった。

2020年12月2日 グロリア・エステファン陽性

グロリア・エステファンが11月初頭に感染したことを明らかにしている。
本人のスペイン語によるインスタグラム投稿によると、味覚障害と嗅覚障害があったとのこと。
Billboardの記事では、朝食の味がわからず、また石鹸の匂いもしなくなって、恐怖を感じたと話している。
画像

2021年2月3日 メイナード・ジェームス・キーナン 2回目の感染

トゥールのフロントマンであるメイナード・ジェームス・キーナンが、Apple Musicとのインタビューで、2020年11月に2回目の感染に見舞われたと語った。
彼は2020年2月にも発病して一旦回復したものの、再度の感染になってしまった。
「酷い、酷い。息ができなかった。一語一語の間に咳がでる始末だ。結局、肺炎になってしまった」と話している。
]]>
<![CDATA[混乱と夜明けの1971年]]>Sun, 28 Feb 2021 03:56:55 GMThttp://naomikubota.tokyo/blog/1971
画像
Photo by Sabbir Ahmed on Unsplash
​2020年を目前にした2019年11月、ちょうど50年前にあたる1970年の社会情勢とロック史を整理してみたものの、その直後にコロナ禍に巻き込まれて、続きとなるはずの1971年を記述するタイミングをすっかり見失ってしまった。
既に2021年になって2か月が経過しているが、この辺りで再び50年前を振り返ってみたいと思う。

1970年に解散したビートルズの元メンバー達は、1971年に入るとそれぞれのソロ活動へ最大限のエネルギーを注ぎ込み始めた。
ジョージ・ハリスンは年初に「マイ・スイート・ロード」をヒットさせ、夏にはバングラデッシュ難民の救済コンサートを開催している。
ジョン・レノンはアルバム「ジョンの魂」をリリースし、政治的なメッセージの強いシングル「パワー・トゥ・ザ・ピープル」「イマジン」「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)」を次々とヒットさせた。
さらにこの年、ジョンはニューヨークへの移住を決行している。
ポール・マッカートニーはソロアルバム「ラム」をヒットさせるや、すぐさまウイングスを結成して、年末に「ワイルド・ライフ」をリリースしている。
まさに八面六臂の活躍である。
1971年はまた、歴史に残る多くの名盤がリリースされた年でもあった。
オールマン・ブラザース「ライブ・アット・フィルモア・イースト」、ローリング・ストーンズ「スティッキー・フィンガーズ」、EL&P「タルカス」、ピンク・フロイド「おせっかい」、そして極めつけは「レッド・ツッペリンIV」だ。

一方、社会情勢では世界的な「政治の季節」のピークは過ぎたものの、ベトナムでは戦争が続き、またバングラデッシュ独立をめぐってインドとパキスタンが戦争状態に陥った。
日本でも成田空港や沖縄返還をめぐって激しい衝突が繰り返され、東京・渋谷は暴動状態になっている。
しかしこの年、東京では地下鉄千代田線の開通、新宿西口での初めての超高層ビル建設、多摩ニュータウン開発のように、新しい生活様式が始まろうとしていた。
世界でも中華人民共和国が国連加盟を果たしており、次の時代の幕が開かれた年だったとも言えよう。

1/15  ジョージ・ハリスン「マイ・スイート・ロード」リリース

​1/23  エルトン・ジョン「僕の歌は君の歌」全米八位、ジョージ・ハリスン「マイ・スイート・ロード」全米一位

​1/24  ザ・タイガース、日本武道館で解散コンサート

1/30  ジョン・レノン「ジョンの魂」全米六位

​2/5  アポロ14号が月に着陸
2/8  南ベトナム軍がラオス侵攻
2/17  真岡銃砲店襲撃事件
2/22  成田空港第一次代執行開始
2/27  ジャニス・ジョプリン「パール」全米一位九週
3/1  東パキスタン(現バングラデシュ)で大規模な不服従運動開始
3/5  パキスタン軍が東パキスタンを占領
3/12  アサド、シリア大統領に就任。
3/12  オールマン・ブラザース「ライブ・アット・フィルモア・イースト」レコーディング

​3/20  営団地下鉄千代田線の大手町駅 - 霞ケ関駅間が開業
3/20  ジャニス・ジョプリン「ミー・アンド・ボビー・マギー」全米一位、T Rex「ホット・ラブ」英一位

​3/25  東パキスタンでパキスタン軍による住民虐殺開始
3/22  ジョン・レノン「パワー・トゥ・ザ・ピープル」リリース

​3/26  バングラデシュ建国宣言
3/26  多摩ニュータウンの入居開始
3/27  スリー・ドッグ・ナイト「ジョイ・トゥ・ザ・ワールド」全米一位
3/30  ジミ・ヘンドリックス「クライ・オブ・ラブ」ゴールド
4/10  アメリカ卓球チームが北京に到着、米中ピンポン外交開始
4/10  ローリング・ストーンズ「ブラウン・シュガー」リリース

​4/11  大阪府知事選で社会党・共産党推薦の黒田了一が当選
4/20  営団地下鉄千代田線の綾瀬駅 - 北千住駅間が開業
4/20  カンボジア首相、ロン・ノル辞職
4/23  ローリング・ストーンズ「スティッキー・フィンガーズ」リリース

​5/6  アイク&ティナ「プラウド・メアリー」ゴールド

​5/8  ローリング・ストーンズ「スティッキー・フィンガーズ」英一位
5/12  ミック・ジャガー、ビアンカと結婚
5/14  横綱・大鵬が引退
5/22  ローリング・ストーンズ「スティッキー・フィンガーズ」全米一位
5/23  アイアン・バタフライ解散
5/25  集英社が「non-no」創刊
5/26  オーストリアと中華人民共和国が外交関係樹立
6/5  新宿に京王プラザホテルが開業(新宿副都心超高層ビル第1号)
6/5  ポールマッカートニー「ラム」英一位、ジェームス・テイラー「ユーヴ・ガット・ア・フレンド」リリース

​6/9  ポール・マッカートニー「ラム」ゴールド
6/14  EL&P「タルカス」リリース

​6/17  沖縄返還協定調印
6/19  キャロル・キング「つづれおり」英一位15週目

​6/26  EL&P「タルカス」英一位
6/27  NYのフィルモア・イースト閉鎖
6/30  富山地裁、イタイイタイ病第一次訴訟にて原告勝訴判決
6/30  フィルモア・ウェスト閉鎖
7/9  キッシンジャー米大統領補佐官が中国を極秘訪問
7/20  マクドナルド日本第1号店「銀座店」オープン
7/22  ドアーズ「LAウーマン」ゴールド

​7/24  ジェームス・テーラー「マッド・スライム・スリム」全米二位四週、T. Rex「ゲット・イット・オン」英一位四週

​7/30  全日空機雫石衝突事故、旅客機の乗員・乗客162人全員死亡
7/31  ジェームス・テイラー「君のともだち」全米一位、マービン・ゲイ「ホワッツ・ゴーイング・オン」全米六位

​8/1  バングラデッシュ難民救済コンサート開催

​8/3  ウイングス結成
8/14  ムーディー・ブルース「童夢」英一位、ロッド・スチュワート「マギー・メイ」リリース

​8/15  ニクソン・ショック
8/28  円変動相場制移行
8/31  ジョン・レノン、移住のため渡米
9/2  「グレートフル・デッド」リリース
9/5  ウィッシュボーン・アッシュの演奏中にホットドック店員射殺
9/8  中国の林彪がクーデター失敗、飛行機墜落死
9/9  ジョン・レノン「イマジン」リリース

​9/11  「フーズ・ネクスト」全米四位

​9/16  成田空港第二次代執行、警官3人死亡
9/18  日清食品「カップヌードル」発売
9/18  ピンク・フロイド、モンタレーに出演
9/30  新潟地裁、阿賀野川水銀中毒訴訟で原告勝訴の判決
10/1  ジョン・レノン「イマジン」ゴールド
10/1  フロリダにウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート開園
10/2  ロッド・スチュワート「エヴリィ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー」全米英一位、「マギー・メイ」全米英一位

​10/10  NHKが全放送のカラー化開始
10/25  中華人民共和国が国連加盟
10/30  ジョン・レノン「イマジン」全米英一位
11/8  レッド・ツェッペリン「IV」リリース

11/10  クメール・ルージュがプノンペン攻撃
11/14  渋谷暴動事件で21歳の警察官殉職
11/12  ボブ・ディラン「ジョージ・ジャクソン」リリース
11/13  サンタナ「サンタナIII」全米一位五週、ジョン・レノン「イマジン」全米三位、スレイド「だから君が好き」英一位四週、ピンク・フロイド「おせっかい」リリース

​11/19  沖縄協定反対運動激化、火炎瓶で松本楼全焼
12/1  ジョン&ヨーコ「ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)」発売

12/2  アラブ首長国連邦建国
12/3  第三次印パ戦争
12/4  「レッド・ツッペリンIV」英一位二週、スライ&ファミリー・ストーン「ファミリー・アフェア」全米一位三週、ザッパがモントルーでレコーディング中に火事

​12/7  ウイングス「ワイルド・ライフ」リリース

​12/16  東パキスタン内のパキスタン軍降伏、第三次印パ戦争終結
12/17  デヴィッド・ボウイ「ハンキー・ドリー」リリース

​12/21  首都高速道路と東名高速道路が接続
12/18  スライ&ファミリー・ストーン「暴動」全米一位二週、T・レックス「電気の武者」英一位八週

​12/23  大映倒産
12/24  ニューヨーク・ドールズ、ライブ・デビュー

ジョン・レノンが「ハッピー・クリスマス、戦争は終わった」と歌ってからさらに4年後の1975年、ようやくベトナム戦争が終結することになる。
]]>